便臭を消す,サプリ,効果

オナラや便が臭くなってしまっている原因

 

自分の後に家族がトイレに行って、臭すぎるといわれてしまったら傷つきますよね。ですので、少しでも便臭を薄らがせるようにしたいと考える人も多いでしょう。便臭がかなり臭くなってしまっているということは、腸内環境が良くないということです。腸内環境がよくなっている人というのは、あまり便臭は発していません。

 

便臭が強くなっているのは、腸の状態が悪くなってしまっていて、悪玉菌が増殖してしまい、臭い成分が大量に作られてしまっているからなのです。悪玉菌が増えると、メルカプタンや硫化水素、フェノール、インドール、アミンなどのような強い臭いを放つようになりなってしまうのです。これが便臭が強くなってしまっている原因になっているのです。

 

悪玉菌が作り出している臭い成分というのは、悪臭を放っているだけはありません。アンモニアなどのような成分が作られることによって、体がストレスを感じるようになり交感神経が強く働きだします。これによって、活性酸素が増えてしまって、腸の粘膜にダメージを与えます。さらに免疫力が低下してしまったり、血液がドロドロになってしまい、病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

普段から食べているものが便臭を強くしてしまう原因になってしまっていることも多いです。日常的に動物性たんぱく質を大量に摂取してしまっていると、便が悪臭を放つようになりやすくなります。普段同じような食べ物を食べていても、その人によって便臭が違っているのですが、これは何が違っているのかというと腸内環境の違いです。

 

同じようにたんぱく質を大量に摂取していても、善玉菌のほうが多いのであれば、臭い成分はあまり作られません。ですが、悪玉菌のほうが優勢になっているのであれば、たんぱく質を分解する際に、それだけ大量の臭い成分を作り出してしまいますので、それだけ便やオナラの臭いが強くなってしまうのです。このように便の臭いが強くなってしまっている原因というのはいくつかあるのですが、まず腸内環境を整えていくことが大切になります。

 

便と糖質制限に関係はあるのか?

 

便についてお話をしていきたいと思うのですが、便というのはそのときの生活環境などによってもずいぶん違ってくるものです。私はダイエットをするために糖質制限をしていたのですが、糖質制限をすることによって、体にもいろいろな変化が現れるようになりました。例えば、糖質制限をした際に、便にもこれまでと違いが生じました。

 

まず糖質制限をするようになってから、次のような変化がありました。

 

・便が今までよりも出づらくなった
・今までは毎日排便をしていたのに、2日に1回のペースで排便をするようになった
・今までよりオナラの臭いが強くなった
このような変化が現れました。

 

私だけたまたまこのような変化が現れたのかなと思っていたのですが、私の友人で糖質制限をしている友人も同じ変化を感じたそうですので、糖質制限をしている人で同じような変化が出たという人は多いのかもしれません。今までは糖質をかなり摂取するような食事をしていたのですが、糖質制限をするようになってから、糖質が少なくなって、反対にたんぱく質を摂取するようになったため、腸内にいる細菌が環境の変化に対応し切れなかったのかもしれません。

 

腸内環境が悪くなってしまったのかもしれないと思って、次のような方法で腸内環境を整えることにしました。

 

・葉野菜や海藻類をしっかり食べて食物繊維の摂取量を増やした
・サラダにオリーブオイルを掛けて食べるようにした
・キムチや味噌、納豆といった発酵食品を食べる
・こまめに水分補給をする

 

便と糖質制限の関係について調べていたところ、糖質制限の第一人者である東京医科歯科大学の藤田名誉教授の「50歳からは炭水化物をやめなさい」を発見して、納得しました。藤田教授は、便や熱帯医学、寄生虫学の研究をしている教授で、細菌や腸、便についてとても詳しい教授です。たまたま、インターネットで調べているときに、この書籍が販売されていることを知り、ためしに書籍を注文して購入したのですが、この書籍いわく便がたくさん出れば出るほど、腸内環境が整っていて理想的なのだそうです。

 

腸内環境のことを、腸内フローラともいうのですが、花のように腸がきれいな状態になっていることを指しています。このような状態の腸というのは、腸内細菌の活動も活動的になっていて、腸の働きが正常になっているということです。なお、便の量と腸内細菌の数というのは比例しているのだそうです。そして、便の大体半分くらいは、まだ生きている腸内細菌と、死んでしまっている腸内細菌が占めているのだそうで、便を見ることによって、腸内細菌がどれくらいの量になっているのかが分かるようになっているとされています。

 

一昔前の日本人というのは、現代人の日本人よりも便の量が多くなっていたそうなのですが、食生活が変化したことによって、食物繊維をしっかり摂取しなくなってしまって、以前と比べると便の量も減少傾向にあるそうです。しっかり食物繊維を摂取することによって、腸内環境を改善させることが出来るようになるため、自然と便の排泄量も増えていくとされています。反対に肉を食べることが多くなると、それだけ便の状態が悪くなるだけではなく、便の量も少なくなると書かれていました。

 

便と糖質制限がどのように関係しているのかについては詳しくは書かれていなかったのですが、腸内環境を整えるための方法についてはとても詳しく書かれていました。私のように糖質制限をスタートするようになって、便が出にくくなったり、おならが臭くなってしまったのであれば、一度読んでみるといいでしょう。

更新情報・お知らせ

(2015/10/26)
便やオナラの臭いを改善したいを更新しました